大野もとひろとは

大野もとひろとは


参議院議員(埼玉県選出)
元防衛大臣政務官
中東調査会客員研究員
(株)ゼネラルサービス専務取締役
ライオンズクラブ国際協会(社会奉仕団体)330-C地区(埼玉県)元ガバナー

生年月日:

1963年11月12日 埼玉県川口市生まれ

家族:

妻・子供3人
祖父は元川口市長の大野元美

座右の銘:

「立国は公にあらず私なり」

趣味:

スポーツ全般(かつては、アメリカンフットボール、水泳、柔道に没頭していました)
音楽(高校時代は、ロックやフュージョンのバンドでベースを弾いていました)
落語、漫才、コメディ映画が大好きです。
カラオケは、サザンオールスターズと河島英吾、チューリップですね。
読書は大好きですが、最近は専門に関係のある書籍ばかりです。

政治家としての志:

2010年、縦割り行政と官僚依存を廃し、実効的な安全保障の構築をめざして参議院議員になるべく、 埼玉県選挙区に立候補、初当選を果たす。
「この政策や法案が通れば、万が一の際に何人の命が救われるか」を基準に、常に政策志向で政治活動にまい進している。 その結果、折り返し前の一期生の参議院議員としてただ一人政務官に抜擢され、 一期生議員としてただ一人「次の内閣」の大臣に任命された。