平素より格別のご高配を賜っておりますこと、心より厚く御礼申し上げます。

2010年の初当選以来、参議院議員として9年間、外交・安全保障・危機管理等、日本人の命を守るため国政で力を注いでまいりましたが、日本でも最も少子高齢化のスピードが速い埼玉県に10年後のビジョンを植え付けていかないと手遅れになりかねないとの危機感が強く、この度、大きな決断をいたしました。

過去1年、参議院で提出された議員立法の約1割は私が書いて提出者となったもので、選挙の際に約束させていただいたとおり、国会ではめいっぱい仕事をさせていただいたつもりです。

今度は、まったなしの埼玉県で「即戦力、突破力」を発揮させていただきたいと考えています。

そのためには、本当に多くの施策を講じる必要があると考えております。今後は、県民の皆様に丁寧に一つ一つの政策をお訴えし、埼玉県の未来への責任を果たさせていただけるよう活動してまいります。

令和元年7月

大野もとひろ