大野もとひろ(大野元裕)

プロフィール

埼玉県川口市生まれ。川口市立朝日東小学校、明治大学附属中野中学校、慶應義塾高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業、国際大学国際関係学研究科修士課程修了。

1989年9月に在イラク日本大使館専門調査員。1990年より在アラブ首長国連邦日本大使館専門調査員。1993年から2年間、財団法人中東調査会研究員を務める。その後も外務省国際情報局分析第二課専門分析員、在カタール日本大使館専門調査員、ヨルダン、シリアの日本大使館で書記官を務めた。

また1989年から国際大学中東研究所非常勤研究員を務めたほか、東京大学教養学部、青山学院大学大学院でも非常勤講師を務め、2005年より5年間、防衛省防衛戦略委員会委員。

主な経歴

平成22年 参議院議員(埼玉選挙区)初当選

平成24年 防衛大臣政務官兼内閣府大臣政務官

平成28年 参議院議員(埼玉選挙区)当選(2期目)

令和元年8月 第61代埼玉県知事に就任(現在1期目)

誰もが居場所がある

世界最大の社会奉仕団体ラインオンズ クラブで史上最年少の県代表。
サマーワヘの孤児院寄贈も尽力。

危機管理の専門家

首都大学東京で危機管理の講師。2012年防衛大臣政務官就任。

政策に明るい実務家

党務では、エネルギー、憲法、安全保障 等の政策とりまとめ。過去1年間で、参議 院全議員立法の約1割を起案・提出